Apple、元デザイン責任者のジョナサン・アイブ氏率いるLoveFrom社との提携を終了

New York Timesが、Appleが元同社のデザイン責任者であるジョナサン・アイブ氏とのコンサルティング契約を解消したことが分かりました。

同氏は2019年にAppleを退社し、自身のデザイン会社「LoveFrom」を設立していたものの、Appleを主要顧客の1つとして密接に関わってきましたが、その契約を終了したようです。

LoveFromとAppleの契約は1億ドル以上の複数年契約だったようですが、その契約更新時期が迫っていたものの、両社は契約を延長しないことで合意した模様。

Appleの幹部の中にはアイブ氏に支払っている金額に疑問を持ち、同社のデザイナーの何人かがアイブ氏の会社に移籍したことにも不満を募らしていた一方、アイブ氏側もAppleの許可を必要とせずに仕事を引き受けることが出来る自由を望んでいたそうです。

なお、アイブ氏は故ジョブズ氏と共にiMac、iPod、iPad、iPhoneなどを作りあげた人物で、今後のApple製品のデザインに何か変化があるのかが気になるところ。

Appleのデザイン責任者であるジョナサン・アイブ氏が年内に退社へ

2 COMMENTS

匿名

「Appleの幹部の中にはアイブ氏に支払っている金額に疑問を持ち、同社のデザイナーの何人かがアイブ氏の会社に移籍したことにも不満を募らしていた」のってクック氏じゃないですかねw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。