「iPad mini 6」を「iPadOS 15.5」にアップデートすると充電出来なくなる不具合が一部で報告されている模様

MacRumorsが、Appleの正規サービスプロバイダに送られたメモによると、Appleが「iPad mini 6」を「iPadOS 15.5」にアップデートした後に充電出来なくなることがあるというユーザーレポートを調査していることが分かったと報告しています。

「iPad mini 6」を利用する一部のユーザーから「iPadOS 15.5」にアップデートした後に充電出来なくなったとの報告があるようで(MacRumorsのフォーラムでも報告されている)、Appleはサービスプロバイダや小売店のスタッフに対し、調査中の一時的な対処法として「iPad mini 6」を再起動することをユーザーに伝えるよう助言しているそうです。

この問題の要因はソフトウェアにあるようで、本体交換やバッテリー交換では解決しないようです。

現在、Appleは「iPadOS 15.6」のベータテストを実施しており、「iPadOS 15.6」の正式リリース時に修正される可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。