Twitter、Mac App Storeからも「TweetDeck」を削除

先日の7月1日をもってTwitterは公式クライアント「TweetDeck」のMac版のサービスを終了しましたが、本日、Mac App Storeでの配信も終了しました。

先日のサービス終了後もMac App Storeでは配信が継続されていましたが、本日、Mac App Storeからも削除され、新規でダウンロード出来なくなりました。
(過去にMac App Storeからダウンロードした実績がある方は購入済みアプリから再ダウンロードは可能)

サービス・提供終了の理由は「TweetDeckの改善と新たなプレビューに集中するため」と案内されていましたが、新バージョンがこれまで通り無料で利用可能かは不明で、月額制サブスクリプションサービス「Twitter Blue」の一部になるとも噂されています。

なお、「TweetDeck」の代替アプリとしては、「Tweeten」があり、同アプリは「TweetDeck」のラッパーアプリで無料で利用可能で、「TweetDeck」とほぼ同じような使い方が可能なのでオススメです。

Tweeten

「TweetDeck」のMac版がサービス終了 − 無料の代替アプリは「Tweeten」がオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。