「iPad Pro」シリーズへの有機ELディスプレイ採用はやはり2024年か

有機ELディスプレイを搭載した「iPad Pro」は2024年に登場すると噂されていますが、本日、韓国のディスプレイ業界に詳しいサイトであるThe Elecが、有機ELディスプレイを搭載した「iPad Pro」は2024年に発売されると報じています。

これはSamsung Displayと日本のアルバックが第8.5世代有機ELパネルの成膜装置の交渉を開始したことを報じる記事の中で明らかにしているもので、2024年に有機ELディスプレイを採用した「iPad Pro 11インチ/12.9インチ」が発売され、Samsung DisplayとLG Displayが有機ELパネルを供給する模様。

また、Samsung Displayは有機ELディスプレイ搭載「iPad Pro」の次期モデル向けにも有機ELパネルを供給することを目指し、2024年後半に第8.5世代有機ELパネルの量産を開始する事を目指しているようです。

なお、これまでの情報では、2024年には「MacBook」シリーズの一部モデルにも有機ELディスプレイが採用されると噂されています。

有機ELディスプレイ搭載「MacBook Air」と「iPad Pro 11インチ」が2024年に登場か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。