Apple、自社製の5Gモデムチップの開発に失敗か − 2023年も引き続きQualcomm製を採用との情報

Appleは自社製の5Gモデムチップを開発しており、早ければ2023年に発売される「iPhone」から採用が開始されると噂されてきましたが、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleはこのモデムチップの開発に失敗した可能性があることが分かりました。

同氏の最新の調査によると、モデムチップの開発は停滞しており、「iPhone」の2023年モデル向けの5Gモデムチップは引き続きQualcommが独占的に供給することになるとのこと。

Appleは同チップの開発を引き続き継続すると予想していますが、同社が満足のいくものになるまではより時間がかかるものとみられています。

なお、Appleは2019年にIntelからセルラーモデム事業を買収しており、2020年に独自のモデムチップの開発に着手したと報じられています。

「iPhone」への自社製5Gモデムチップの採用はやはり2023年からか Apple、独自のセルラーモデムチップの開発を開始

1 COMMENT

匿名

5Gはクアルコムとファーウェイの2社で特許独占されてるからどうにもならんでしょ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。