M2搭載「MacBook Pro 13インチ」の256GBモデル、SSDの速度がM1搭載モデルに比べて遅くなっていることが明らかに

先週末にM2チップを搭載した新型「MacBook Pro 13インチ」が発売されましたが、MacRumorsによると、そのM2チップ搭載「MacBook Pro 13インチ」の256GB SSDを搭載したベースモデルは、前モデルに比べてSSDの読み書き速度が著しく遅くなっていることが分かりました。

Max TechやCreated TechなどのYouTubeチャンネルが、「Blackmagic Disk Speed Test」アプリを用いて256GBモデルをテストした結果、SSDの読み込み、書き込み速度ともに約1,450MB/sといった結果になり、M1チップを搭載した256GBモデルと比較して、読み込み速度は約50%、書き込み速度は約30%遅くなっているそうです。

「Blackmagic Disk Speed Test」アプリのテスト結果をまとめると下記の通り。

 読み込み速度書き込み速度
M2 / 256GBモデル1,446MB/s1,463MB/s
M1 / 256GBモデル2,900MB/s2,215MB/s

また、M2チップ搭載「MacBook Pro 13インチ」の256GBモデルを分解したところ、NANDフラッシュメモリは256GBの容量のチップが1つ搭載されているのに対し、M1チップ搭載の256GBモデルは128GBの容量のチップが2つ搭載されており、複数のNANDチップを搭載することで並列に高速化可能な為、この違いがM2/256GBモデルのSSDが遅い理由とみられています。

なお、M2チップ搭載の512GBモデルについてはM1チップ搭載モデルと同等の速度が出ているようです。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。