Apple、M2チップを搭載したMac miniやMac Proなどを開発中 − 「MacBook Air 15インチ」はM3チップ搭載で来年登場か

Bloombergの著名記者であるMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版で、Appleが今後数ヶ月の間に発表するM2チップを搭載した新型Macに関する最新情報を報告しています。

AppleはM2チップを搭載した新型Macを複数開発しており、開発中のモデルは下記の通りで、Appleが開発していると噂されているAR/VRヘッドセットにもM2チップが搭載されるとみられており、16GBのRAMと共に搭載される模様。

・Mac mini:M2/M2 Proチップ搭載
・MacBook Pro 14/16インチ:M2 Pro/M2 Maxチップ搭載
・Mac Pro:M2 Ultra/M2 Extremeチップ搭載

また、Appleは既にM2チップの後継となるM3チップの開発にも取り組んでおり、早ければ2023年にM3チップを搭載した「MacBook Air 13インチ(コードネーム:J513)」「MacBook Air 15インチ(コードネーム:J515)」「iMac(コードネーム:J433)」を計画しているそうです。

さらに、まだ開発は初期段階ではあるものの、M2チップを搭載した12インチの「MacBook」も投入される可能性があるとのこと。

[via 9To5Mac, MacRumors

Apple、既にM3チップを搭載した「iMac」を開発中か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。