Apple WatchでYouTubeの動画を視聴できるアプリ『WatchTube』が登場

9To5Macによると、AppleのApple WatchでYouTubeの動画を直接視聴出来るアプリが登場したことが分かりました。

その名も「WatchTube」というアプリで、Apple Watch専用アプリとなっており、インストールすることでYouTubeの動画をApple Watchで視聴可能になります。

watchtube1

起動するとまずは話題の動画(海外版)が表示され、この起動時のデフォルトの画面は設定から音楽、ゲーム、ニュース、映画などのカテゴリにも変更可能です。

また他にも、検索機能やライブラリ機能も用意されており、「watchOS 8 beta」を利用していれば日本語での検索も可能で、ライブラリは「WatchTube」アプリ内でいいねをした動画が一覧で表示されます。

筆者の環境では動画を再生しようとするとアプリが落ちてしまうのですが、動画の説明やコメントなども閲覧可能で、iPhoneなどで視聴中の動画の続きなどを見たい場合のための共有QRコード機能も用意されています。

Apple WatchでYouTubeの動画を見る機会はなかなかないと思いますが、面白いアプリなので、無料ですし遊んでみては如何でしょうか。

なお、watchOS 6以降を搭載したApple Watchに対応しており、今後のアップデートでは、音声のみの再生モードが追加される予定で、ラジオのようにYouTubeの音声のみを聞くことが可能になります。

WatchTube – App Store

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。