有機ELディスプレイ搭載「MacBook Air」と「iPad Pro 11インチ」が2024年に登場か

(画像は現行のMacBook Air)

9To5Macによると、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏が、有機ELディスプレイを搭載した「MacBook」と「iPad Pro」が早ければ2024年に登場すると予測していることが分かりました。

これは同氏がTwitterのスーパーフォローに対して明らかにしたもので、同氏は、Appleは早ければ2024年に有機ELディスプレイを搭載した13.3インチの「MacBook」と11インチの「iPad Pro」を発売する可能性が高まってきていると報告しています。

「MacBook」に関しては「MacBook Air」であると予想していますが、「MacBook」や「MacBook Pro」、または新しいカテゴリになる可能性があるとも報告しています。

来月に発売予定の新型「MacBook Air」はディスプレイサイズが13.3から13.6インチに拡大されていますが、上記のモデルが「MacBook Air」だとディスプレイサイズがまた小さくなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。