「iPhone 14」シリーズのフロントガラスが量産体制に入った模様

Appleは今秋に次期iPhoneである「iPhone 14」シリーズを発売する予定ですが、著名リーカーのShrimpApplePro氏が、「iPhone 14」シリーズのフロントガラスの量産が開始されたことを報告しています。

同氏によると、「iPhone 14」シリーズのフロントガラスが量産体制に入ったようで、ディスプレイアセンブリ(ディスプレイやデジタイザなどの部品一式)も量産体制に恐らく入っているだろうと報告しています。

ただ、同時期に発売が予想される「Apple Watch Series 8」のガラスはまだ量産が開始されていない模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。