Apple、「watchOS 9」を正式に発表 − 4つの新しい文字盤追加など

本日、Appleが「WWDC22」の基調講演を開催し、次期watchOSこと「watchOS 9」を正式に発表しました。

「watchOS 9」では、「ルナー」「プレイタイム」「メトロポリタン」「アストロノミー」の4つの新しい文字盤が追加され、「ユーティリティ」「シンプル」「アクティビティアナログ」などのいくつかの最もクラシックな文字盤に強化され現代化されたコンプリケーションが新たに追加されているほか、「モジュラー」「モジュラーコンパクト」「特大」の背景色を編集してさらにパーソナライズできるようになっています。

また、集中モードでは、「パーソナル」集中モードの間は「写真」の文字盤を表示するといったように、iPhoneで特定の集中モードを開始した際にApple Watchに自動的に表示される文字盤を選択できるため、ユーザーが集中するのに役立ちます。

「ワークアウト」アプリもアップデートされ、セッション中の表示は、Digital Crownを回して読みやすいワークアウト表示を切り替え、ユーザーはさまざまなトレーニングスタイルの重要な指標を確認できるようになる他、新しいカスタムワークアウトが利用可能になります。

さらに、ユーザーがどれだけ効率的に走れているかを記録するのに役立つさらに多くのデータと機能が追加され、「歩幅の長さ」「接地時間」「上下動」などの新しい「ランニングフォーム指標」のすべてを指標としてワークアウト表示に追加することが可能となります。

他にも、スイミングの機能強化や睡眠に関する詳しい情報の表示、心房細動履歴機能の搭載、服薬リストの作成やスケジュール・リマインダーの設定機能の搭載なども行われています。

なお、「watchOS 9」はiOS 16が搭載されたiPhone 8以降およびiPhone SE(第2世代)以降とペアリングされているApple Watch Series 4以降に対して今秋に無料で提供される予定で、開発者向けに本日よりプレビュー版が提供され、パブリックベータ版が来月に提供予定です。

プレスリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。