M2チップを搭載した新型「MacBook Pro 13インチ」の登場はもう遅れる模様

まもなく開幕する「WWDC22」では新型「MacBook Air」が発表されると噂されていますが、BloombergのMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版において、新型「MacBook Pro 13インチ」も計画されていたものの、遅れているようだと報告していることが分かりました。

同氏の情報によると、より高速な新型「MacBook Pro 13インチ」も新型「MacBook Air」と同時期に発売される予定だったものの、中国でのロックダウンの影響により延期された模様。

なお、新型「MacBook Pro 13インチ」は、M2チップを搭載するものの、現行モデルからデザインに大きな変更はなく、Touch Barも引き続き搭載されるようです。

1 COMMENT

匿名

>新型「MacBook Pro 13インチ」は、M2チップを搭載するものの、現行モデルからデザインに大きな変更はなく、Touch Barも引き続き搭載されるようです。

ホンマか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。