Appleの「マップ」アプリ、サイクリングでのルート検索や拡張現実による徒歩経路機能が日本でも利用可能に

ケータイWatchによると、Appleが地図アプリ「マップ」をアップデートし、日本でサイクリングのルート検索などが可能になりました。

サイクリングのルート検索では、ルート上の標高や坂道などの情報が表示される野か、坂道や交通量の多い道路を利用しない設定で検索することも可能となっています。

また、「Look Around」機能が利用なエリアも拡充され、新たに神奈川県、兵庫県、新潟市、静岡市、札幌市などが対象エリアとして追加されています。

他にも、徒歩でのARナビ機能(拡張現実による徒歩経路)も日本の一部都市で利用可能になっており、現時点で確認されているのは東京、大阪、京都、名古屋、福岡、広島、横浜などとなっています。

1 COMMENT

匿名

以前、使おうとしたらダメで、さっきやったら、ちゃんと時間とルートを表示した。車を売って、自転車移動に変えたので、これは地味に嬉しい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。