2022年のiPhoneの生産台数はほぼ横ばいか

Bloombergが、計画に詳しい関係者の話として、Appleは2022年の「iPhone」の生産をほぼ横ばいに保つ計画のようだと報じています。

Appleはサプライヤーに対し、昨年と同程度の約2億2,000万台の組み立てを要請しているようで、市場では今秋に発売されるであろう「iPhone 14」シリーズなどの影響で2億4,000万台近くになると見込まれていた為、それを少し下回る形になりそうです。

昨日には中国のロックダウンの影響で、「iPhone 14」シリーズの一部モデルの開発が遅れているとの情報もあり、数十年ぶりの高インフレやウクライナでの戦争、半導体不足、中国のロックダウンなどが重なることで、今年のスマートフォン販売の重しとなる恐れがあるとみられています。

「iPhone 14」シリーズ、中国のロックダウンの影響で開発に遅れが発生か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。