「iPhone 14」シリーズ、中国のロックダウンの影響で開発に遅れが発生か

日本経済新聞が、関係者の話として、Appleが今年発売する「iPhone 14」シリーズの開発が予定より遅れているようだと報じています。

「iPhone 14」シリーズのうち少なくとも1機種の開発が予定よりも遅れているとのことで、遅れの原因は中国国内のロックダウンが影響しているものとみられています。

Appleは遅れを取り戻すため開発のスピードを上げるよう指示したようだが、製造計画や初期の生産台数に影響が出る可能性があるとのこと。

「iPhone 14」シリーズは例年通りであれば9〜10月に発売されるものと予想されますが、一部モデルの発売が遅れたり、発売当初は品薄になる可能性が高そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。