「iPhone 14 Pro」の最新のレンダリング画像を著名リーカーが公開

著名リーカーのJon Prosser氏が、自身のYouTubeチャネルにおいて、「iPhone 14 Pro」の最新のレンダリング画像や「iPhone 14」シリーズの最新情報を公開しています。

公開されたレンダリング画像は最新の情報をもとに作成された「iPhone 14 Pro」のもので、ノッチの代わりにピル型と円形の2つ穴があるパンチホールディスプレイが採用され、ディスプレイ周りのベゼルも僅かに狭くなると言われています。

また、「iPhone 14」シリーズでは、上位モデルの「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」のみ新しいチップを搭載する可能性があり、その理由としてはチップ不足が予想されています。

さらに、リアカメラは広角レンズ用に新しい4800万画素のセンサーを搭載し、カメラモジュール全体のサイズが「iPhone 13 Pro」に比べてさらに大きくなります。

1 COMMENT

匿名

正直iPhone 13 Proの時点で限界突破したカメラサイズなんだけどな。
結構な頻度でカメラに指が当たりネイルに傷が付くという。
200g超えだと持ち方の工夫にも限度があるしね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。