イーロン・マスク氏によるTwitter買収は計画通りに進行中 − 「保留はない」とTwitterの経営陣が明らかに

先日、イーロン・マスク氏がTwitterの買収を一時的に保留すると発表していましたが、Bloombergによると、Twitterの経営陣がマスク氏による買収は計画通りに進んでおり、保留になっていないと明らかにしたことが分かりました。

これはTwitterの経営陣が現地時間5月19日に開催した全社ビデオ会議の中で従業員に明らかにしたもので、ビジャヤ・ガッデ最高法務責任者(CLO)は「買収が保留になっているなどということはない」と述べたそうです。

また、ネッド・シーガル最高財務責任者(CFO)が、マスク氏のチームと引き続き協力し合っていることも明らかにしたようで、マスク氏による同社の買収は計画通りに進んでおり、1株当たり54.20ドルという合意済みの提案価格を再交渉するつもりもないようです。

イーロン・マスク氏、Twitterの買収を一時保留 イーロン・マスク氏、Twitterを約5.6兆円で買収へ − 買収提案受け入れで合意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。