2023年発売の「iPhone 15」シリーズではLightning廃止でUSB-Cに移行か − 著名アナリストが報告

( Flickr / randychiu)

Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、自身の調査によると、2023年下期に発売される新型「iPhone」はLightningポートに代わってUSB-Cポートが採用されるようだと報告しています。

Lightningポートは2012年に発売された「iPhone 5」から現行の「iPhone 13」シリーズまで採用されていますが、同氏の情報が正しければ、2023年に発売される「iPhone 15」シリーズからLightningポートが廃止され、USB-Cポートが採用されることになります。

なお、USB-Cポートを採用した際の転送速度や充電速度に関しては、iOSのサポートに依存することから、最終的な仕様はまだ分からない模様。

先月、USB-Cをスマホの標準規格にする案がEUの消費者保護委員会を通過したことが話題になりましたが、こういった欧州での動きもあることから、本当にLightningポートが廃止される可能性もありそうです。

2 COMMENTS

匿名

どうせすぐに多少無茶してでもポートレスにするだろうから正直どうでもいい

返信する
匿名

iPhone以外のガジェットとの利便性を抜きにして、ただ単純にどっちが好きかというと、より薄くて埃が詰まる心配のないLightningが好きです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。