「Google Pixel 6a」、発売に向け量産開始か

Googleは今月開催する「Google I/O」で「Pixel 6a」を発表するとみられていますが、その「Pixel 6a」の量産が開始されたことをインド人リーカーのMukul Sharma氏が報告しています。

同氏はAndroid端末に関するリーク情報では実績のあるリーカーで、同氏曰く、Googleの「Pixel 6a」の量産がアジアの複数の国で開始されたことを確認したそうで、発売が間近に迫っていると報告しています。

なお、「Pixel 6a」は「Pixel 6」シリーズと同じTensorチップが搭載されると言われており、これまでに明らかになっている「Pixel 6a」の仕様に関する情報は下記の通り。

  • ディスプレイ:6.2インチ有機ELディスプレイ(1080p)
  • チップセット:Google Tensor GS101
  • リアカメラ(広角):1,220万画素
  • リアカメラ(超広角):1,200万画素
  • フロントカメラ:800万画素
  • サイズ:152.2 x 71.8 x 8.7㎜
  • バッテリー:5,000mAh
  • 生体認証:ディスプレイ内蔵型指紋センサー

また、「Google I/O 2022」は現地時間5月11〜12日に開催予定で、「Pixel 6a」の他に、同社初のスマートウォッチ「Pixel Watch」やワイヤレスイヤホンの新モデル「Pixel Buds Pro」が発表されるものと噂されています。

「Google Pixel 6a」用サードパーティ製ケースと「Pixel 6」との比較画像 【更新】Googleの「Pixel 6a」とみられるデバイスがFCCの認証を通過 「Google Pixel 6a」のパッケージ写真が流出

1 COMMENT

匿名

6は自分にはオーバースペックだったから6aかなと思ってました。バッテリー容量がまさかの5000mAhで嬉しい。5a買うかつなぎで中華のミドル機買おうか悩んだけどTensor載るし待ってて良かった。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。