Apple、最新のファームウェアアップデートで不要な追跡に使用されている「AirTag」をより簡単に見つけられるように音の調整を実施

先日、Appleが紛失防止タグ「AirTag」向けに最新のファームウェアアップデート「1.0.391」をリリースしましたが、同社が本アップデートでの変更点を公開しています。

Appleは今回のアップデートに関するサポートドキュメントを公開しており、「1.0.391」では不要な追跡に使用されている「AirTag」をより簡単に見つけられるように検出音を調整したとのこと。

Appleは以前に不明な「AirTag」をより簡単に見つけられるようにするため、音が最も大きく聞こえるトーンをより多く使用するようにトーンシーケンスを調整する予定とアナウンスしていた為、今回のアップデートでその調整が行われたものと考えられます。

AirTagの音の調整:現在、不要な追跡のアラートを受け取っているiOSユーザーは、不明なAirTagを見つけやすくするために音を鳴らすことができます。Appleは、不明なAirTagをより簡単に見つけられるようにするため、音が最も大きく聞こえるトーンをより多く使用するようにトーンシーケンスを調整する予定です。

なお、「AirTag」のファームウェアのアップデートは、「AirTag」とペアリング済みの「iPhone」が通信圏内にある場合に自動で実行され、ファームウェアのバージョン番号の確認は「探す」アプリで「AirTag」の名前をタップすることで可能です。

AirTagと不要な追跡に関するアップデート – Apple

[via MacRumors

Apple、「AirTag」向けに新たなファームウェアアップデート「1.0.391 (build 1A301)」をリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。