「Mac Studio」を利用する一部ユーザーから高音のノイズが発生するとの苦情が報告される

MacRumorsによると、「Mac Studio」を利用する一部のユーザーから、高音のノイズが発生するとの苦情が報告されていることが分かりました。

これは同サイトのフォーラムに寄せられているもので、多くのユーザーが影響を受けており、苦情のほとんどはM1 Maxチップを搭載したモデルのユーザーからとなっています。

問題が発生しているユーザーは、無視出来ないほどの高周波の音と表現しており、標準のファンの音に加えて、このノイズが発生しているそうです。

そのユーザーはAppleのサポートに連絡し、OSを再インストールするなどのソフトウェアによる修正を試みたものの解決せず、Apple Storeに持ち込んで1日がかりで検査してもらったところ、Apple Storeの技術者は予想範囲内の通常のファンノイズだと述べ、何も出来ないとの結果になったようですが、再度、Appleのサポートに連絡すると交換対応となった模様。

また、他のユーザーも、ノイズは冷却ファンから来るもので、コイルのうなり音ではないことは確かで、この価格帯の製品としては許容出来ないと述べています。

なお、この問題はM1 Ultraチップを搭載したモデルのユーザーからは報告されておらず、M1 Maxチップ搭載モデルとM1 Ultraチップ搭載モデルでは冷却構造が異なっており、M1 Ultraチップ搭載モデルはより大きな銅製のヒートシンクを搭載し、冷却ファンが頻繁に稼働することを防いでいるようです。

ただ、全てのM1 Maxチップ搭載モデルのユーザーで発生している訳でもないようで、もし気になる方は一度Appleに相談してみるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。