「WWDC22」で新型「MacBook Air」発表の可能性も

BloombergのMark Gurman氏が、ニュースレター「Power On」の最新版において、Appleが「WWDC22」で新型「MacBook Air」を発表する可能性があると報告しています。

「WWDC22」ではiOSやmacOSなどの次期バージョンなどソフトウェアのアップデートがメインになる予定ですが、Appleは「WWDC22」の基調講演で複数の新型ハードウェアを発表する可能性があるとのこと。

同氏によると、Appleは今年半ばから後半にかけて2つの新型Macを投入する予定で、そのうちの1つが新型「MacBook Air」になるそうです。

なお、新型「MacBook Air」については、これまでの噂ではM2チップを搭載し、デザインが刷新されると言われています。

[via Apple Insider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。