ロボット掃除機の「ルンバ」、Siriでの音声操作が可能に

本日、アイロボット・コーポレーションが、「iRobot Genius ホームインテリジェンス」の大規模なソフトウェアアップデート(iRobot Genius 4.0)の提供を開始し、AppleのSiriによる音声操作が可能になったことを案内しています。

このアップデートは6月末頃までを目途に順次実施され、手持ちのロボットに様々な便利な機能が自動的に追加されます。

「iRobot Genius」は、アイロボットのロボット掃除機「ルンバ」と床拭きロボット「ブラーバ」のWi-Fi対応製品が対象で、どこを、いつ、どうやって掃除するかを、使う人のライフスタイルに合わせ、全く新しい清掃体験を提供するOSとなっており、今回のアップデートで追加される主な機能は以下の通り。

①j7 シリーズが衣類やタオルなどの障害物を認識し、回避

対象モデルは「ルンバ j7+/j7」で、PrecisionVision ナビゲーションにより障害物を認識して回避しながら掃除し、ペットの排泄物やコード類、スリッパなどに加え、今回のアップデートで新たに衣類やタオルの認識・回避が可能になります。

②i3 シリーズがスマートマップに対応

対象モデルは「ルンバ i3+/i3」で、スマートマップを作成し、特定の部屋を掃除するように指示することができるようになります。

③チャイルド&ペットロック機能を追加

対象モデルは「ルンバ s9+/j7+/j7/i7+/i7」と「ブラーバジェット m6」で、チャイルド&ペットロック機能が追加され、ロボット本体の CLEAN ボタンの無効化が可能になり、誤って本体のボタンが押さ
れても、待機中のロボットは充電ステーションを離れず、動作中の場合は掃除を続けるようになります。

④Siri による音声操作が可能に

対象モデルは全Wi-Fi対応機種で、「iRobot Home」アプリからSiriショートカットを追加すれば、Siri に話しかけるだけで掃除でき、清掃開始、一時停止、再開、充電ステーションへの帰還を指示するフレーズを設定できます。

⑤部屋やエリアごとに清掃モードの設定が可

対象モデルは「ルンバ s9+/j7+/j7/i7+/i7」と「ブラーバジェット m6」で、自宅のエリアごとに走行回数などの清掃モードを設定できるようになります。

なお、詳細は下記のニュースリリースをご覧下さい。

ニュースリリース(PDF)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。