「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」は4800万画素の広角カメラを搭載

先日に流出した「iPhone 14 Pro」の図面とされる画像から、「iPhone 14 Pro」では「iPhone 13 Pro」よりもリアカメラがより大きくなることが分かりましたが、Apple関連の情報では定評のあるMing-Chi Kuo氏が、「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」のリアカメラが大きくなる理由を明らかにしています。

同氏曰く、「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」の広角カメラが「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」の1200万画素から4800万画素にアップグレードされるからとのこと。

4800万画素のイメージセンサーは対角線の長さは25〜35%増加し、7Pレンズ(7枚構成のレンズ)の高さが5〜10%増加することからリアカメラ部分が大きくなるそうです。

「iPhone 14 Pro」に続き、「iPhone 14 Pro Max」のものとされる図面が登場 「iPhone 14 Pro」のものとされる図面が出回る

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。