「ウォレット」アプリに運転免許証を登録する機能が米アリゾナ州で利用可能に

Appleが、米アリゾナ州で、iPhoneとApple Watchの「ウォレット」アプリへの運転免許証と州身分証明書を追加することが可能になったことを発表しました。

同機能は2021年9月に発表されていた機能で、「ウォレット」アプリに運転免許証と身分証明書を追加出来るようになり、対応している空港のTSA(運輸保安局)のセキュリティチェックポイントにおいて非接触で提示可能になります。

また、今度はコロラド州、ハワイ州、ミシシッピ州、オハイオ州、プエルトリコ領でも提供される予定です。

ニュースリリース – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。