「iPhone 15 Pro」ではFace IDがディスプレイ内蔵型に?? − 著名アナリストは「iPhone 16 Pro」からと報告

The Elecが、情報筋の話として、Samsung DisplayがAppleの次期iPhone向けにFace IDをディスプレイに内蔵するための新しいアンダーパネルカメラ技術を開発していたことが分かったと報じています。

同技術はSamsungが来年に発売する折りたたみ式スマホにまず採用され、その後、Appleの「iPhone 15」シリーズのProモデルに採用される見込みとのこと。

Appleは「iPhone 15」シリーズのProモデルに、フロントカメラ用の穴が空いたパンチホールディスプレイと、Face IDのセンサーをディスプレイに内蔵したアンダーパネルFace IDを搭載することを計画しているそうです。

ただ、この報道に対し、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOであるRoss Young氏は、Face IDがディスプレイ内蔵型になるのは2024年の「iPhone 16」からになる見込みであることを再確認したと報告しており、「iPhone 15」からなのか「iPhone 16」からなのかはもう少し様子をみる必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。