「iPhone 14」シリーズ、”Pro”モデルのみA16チップ採用は下位モデルと差別化やコスト面が理由か??

先日、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、今年発売される「iPhone 14」シリーズでは”Pro”モデルのみA16チップが採用されると報告していましたが、同氏がその件に関する新たな見解を投稿しています。

同氏は、「iPhone 14」シリーズでは上位モデルの「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」のみ新型チップのA16チップが搭載され、下位モデルの「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」には現行の「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」に搭載されているA15チップ(6GB RAM)が採用されると報告していました。

同氏はこの理由として、チップの製造を請け負う台湾TSMCのハイエンドプロセスの供給が厳しいのもあるが、それよりもマーケティングおよび財務面を重視した決定であると考えており、「iPhone 14/14 Max」がA15チップを採用することで”Pro”モデルとの差別化を図るとともにコスト圧力を軽減出来る為とみられています。

なお、チップ関連の情報に詳しいWeiboユーザーの手机晶片达人氏によると、Appleは今年発売する「iPhone 14」用としてA16チップとA15チップを各5,000万個ずつ在庫しているそうです。

「iPhone 14 Pro」に続き、「iPhone 14」のCAD画像も流出か − デザインは「iPhone 13」から大きな変化なし 「iPhone 14 Pro」のCADレンダリング画像が流出か − パンチホール採用以外はデザインに大きな変更はない模様 「iPhone 14」シリーズ、”Pro”モデルのみA16チップを搭載か

1 COMMENT

匿名

たとえ差別化するとしても、A14を搭載することは、Appleの最重要製品のブランディング戦略的に有り得ないと思います

14はA15、14 ProはA15 Proと差別化するのは充分あり得るとは思いますが
A15の中身がA14とそれほど変わらないというのもあり得る

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。