「iPhone 14 Pro」のCADレンダリング画像が流出か − パンチホール採用以外はデザインに大きな変更はない模様

91mobilesが、Appleの次期iPhoneこと「iPhone 14 Pro」のCADレンダリング画像とされる画像を公開しています。

「iPhone 14 Pro」はノッチが廃止され、円形と楕円形(ピル型)の2つ穴のパンチホールディスプレイが採用されると言われていますが、公開されたCADレンダリング画像でもそのことが確認できます。

また、「iPhone 14 Pro」は「iPhone 13 Pro」と同じ6.1インチのディスプレイサイズが採用され、パンチホールの穴の部分にはFace IDのセンサーとフロントカメラが収まる予定とのこと。

本体側面の各種ボタンなどの位置は「iPhone 13 Pro」から変更はなく、右側面にはサイドボタン、左側面にはサウンドオン/オフボタン、音量調節ボタン、SIMカードスロットが搭載されており、背面のデザインも「iPhone 13 Pro」から変わりなく、3眼カメラが搭載されます。

本体底面には、引き続き、Lightningコネクタが採用され、スピーカーグリルや内蔵マイク用の穴の数も変わりありません。

ただ、このCAD画像が本当に「iPhone 14 Pro」の図面をもとにしたものかどうかは不明です。

1 COMMENT

匿名

センター(受話スピーカーを見ればよくわかる)に対してピル+ホールが右にズレているのが怪しいですね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。