KDDI、「迷惑メッセージブロック機能」をau・UQ mobile・povo向けに提供へ

本日、KDDIが、不審なSMSやメッセージを自動で検知し警告表示する「迷惑メッセージブロック機能」を3月24日よりau・UQ mobile・povoを利用のユーザー向けに提供すると発表しました。

本機能は、2019年から「迷惑メッセージ・電話ブロック」の一部としてauスマートパスプレミアムおよびauスマートパスのユーザー向けに提供していたもので、巧妙化するフィッシング詐欺などへの対策として、対象者を拡大し提供するとのこと。

また、迷惑SMSを受信前に自動でブロックする機能の提供を開始するまで(2022年度内の予定)は無料で提供されます。

なお、本機能は、トビラシステムズ(株)が警察・自治体からの情報提供や独自調査を基に構築した「迷惑情報データベース」を活用し、迷惑SMSやメッセージを自動的に検知し、迷惑フォルダへの振り分けや警告表示を行うもので、auスマートパスプレミアムおよびauスマートパスの会員の方は、これまで通り「迷惑電話ブロック機能」を利用可能です。

ニュースリリース

1 COMMENT

匿名

280blockerを買った後に
広報がTwitterではしゃぎだした会社か……
リリース時から使ってたけど即やめたわ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。