2023年の「iPhone 15」では全てモデルでパンチホールディスプレイを採用へ − パンチホールの穴も小型化される可能性も

次期iPhoneこと「iPhone 14 Pro」シリーズは2つ穴のパンチホールディスプレイが採用されると噂されていますが、ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOであるRoss Young氏が、先日に続き、2023年に発売されるであろう「iPhone 15」シリーズからは全てのモデルでパンチホールディスプレイが採用されることを改めて報告しています。

今年発売される「iPhone 14」シリーズでは”Pro”モデルのみで2つ穴のパンチホールディスプレイが採用され、ノッチが廃止されると言われていますが、Ross Young氏によると、2023年にはスタンダードモデルの「iPhone 15」でもパンチホールディスプレイが採用されるだろうとのこと。

また、「iPhone 14 Pro」シリーズで採用されるパンチホールの2つの穴は、現行のノッチとほぼ同じ幅になるようですが、2023年には穴の大きさがもう少し小型化されるものと予想しています。

さらに、AppleにはFace IDをディスプレイに完全に内蔵する計画もあるようですが、2023年の量産には間に合わない模様。

2023年発売の「iPhone 15」では全てのモデルでノッチ廃止か − パンチホールディスプレイを採用へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。