ロシア最大のApple専門店が店舗を一時閉鎖 − 経済制裁の影響

(via iPhones.ru

今朝、Appleがロシアで全製品の販売を停止したことが明らかになりましたが、iMoreによると、ロシア最大のApple Premium Reseller(Apple認定の専門店)である「Re:store」が店舗を閉鎖したことが分かりました。

これは西側諸国による制裁と、それによるインフレが影響したものとみられていますが、Re:storeによると、閉鎖は現在の市場の状況を精査する必要がある為で、あくまで一時的な対応であり、近い将来に業務を再開する予定のようです。

なお、Re:storeはロシアを中心に44店舗を運営しており、チェコのプラハやウクライナのキエフにも店舗がありますが、全ての店舗を一時的に閉鎖しています。

Apple、ロシアで全製品の販売を停止 − ロシア国営メディアのアプリも配信停止

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。