「Apple Watch」シリーズ、今年は初代モデルの登場以来の史上最高の年になる見込み − 3つの新モデルが登場見込み

(画像はSeries 7)

Appleは例年通り今秋に次期Apple Watchこと「Apple Watch Series 8」を発売するものと予想されますが、Bloombergの著名記者であるMark Gurman氏が自身のニュースレター「Power On」の最新版を公開し、「Apple Watch Series 8」に関する最新情報を報告しています。

今年は「Apple Watch」の歴史の中で、初代モデル以来の大きな年になると予想しており、今年は3つの新型「Apple Watch」が発表される可能性が高く、その3モデルは「Apple Watch Series 8」と次期「Apple Watch SE」と「Apple Watch」のエクストリームスポーツモデルになるとのこと。

「Apple Watch Series 8」は、体温測定機能が搭載される可能性はあるものの、新たなヘルスセンサーは搭載されないと予想されており、変更点としては、アクティビティトラッキングのメジャーアップデートやパフォーマンスの改善などが予想されています。

また、「Apple Watch Series 8」の発売と共に「Apple Watch Series 3」が生産終了になるかもしれないと予想しています。

[via 9To5Mac

1 COMMENT

匿名

ディスプレイはSeries 7で進化させたばかりだし8はマイナーチェンジかな。
バッテリー持ちが改善されれば嬉しいけど。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。