ウクライナ、Appleに対しロシア国内での製品販売やApp Storeへのアクセス遮断を要請

ロシアのウクライナ侵攻を受け、欧米や日本などの西側諸国はロシアに対し経済制裁を発動していますが、ウクライナがAppleに対しロシアでの製品販売やサービスの停止とApp Storeへのアクセス遮断を要請したことが分かりました。

これはウクライナの副首相兼デジタル変革担当大臣であるミハイル・フェドロフ氏がAppleのティム・クックCEOに対して要請したもので、Twitterでその書簡を公開しています。

米国は既に企業がロシアに一部製品を輸出出来ないようにする制裁措置を実施していますが、現時点ではAppleは販売を停止していないことから制裁の影響はない模様。

ティム・クックCEOは、昨日にウクライナの状況について「深く懸念しており、現地の人道的努力を支援していく」と述べており、ミハイル・フェドロフ氏の要請に対する反応は不明ですが、ロシアのウクライナ侵攻が続けば何か動きがあるかもしれません。

なお、ロシアでは既に大手銀行5行でApple PayとGoogle Payが利用出来なくなっています。

[via MacRumors

Apple PayとGoogle Payがロシアで利用不可に − ロシアのウクライナ侵攻への経済制裁の影響

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。