新型「iPhone SE」は既に量産中で、3月末に発売見込みとの情報

Appleは早ければ3月初旬(3月8日頃)に新型「iPhone SE」を発表すると噂されていますが、中国のMyDriversが、サプライヤーの関係者の話として、Appleは新型「iPhone SE」の量産を開始しているようだと報じています。

新型「iPhone SE」は3月末に発売される見込みで、現行モデルとあまり変わらない価格設定になる模様。

新型「iPhone SE」の仕様については、デザインは現行モデルから変わらず、A15チップや4GBのRAMを搭載し、5Gネットワークに対応するものとみられています。

また、Appleは3月8日頃に発表イベントを開催し、新型「iPhone SE」に加え、新型「iPad Air」や何らかの新型Macが発表されると噂されており、新型Macについては「Mac mini」のハイエンドモデルやM2チップ搭載「MacBook Pro」が噂されています。

Appleの発表イベントはやはり3月8日に開催か − 新型「iPhone SE」は供給不足で品薄になる可能性も M2チップを搭載した新型「MacBook Pro」は3月初旬に発表?? Apple、新型「iPhone SE」や新型「iPad Air」の発表イベントを3月8日頃に開催か

2 COMMENTS

匿名

家族用が買替え時期だから発売は嬉しいけど
SE2からたった2年で本当に発売されるのかな

返信する
匿名

SEはAndroidのミドル〜ローレンジを狙った商品だから出るんじゃないですか?

本体よりアップルの端末によるエコシステムでの収入を求めてるでしょう

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。