Apple、iPhoneを非接触決済端末として利用出来る「Tap to Pay on iPhone」を発表

本日、米Appleが、iPhoneを非接触決済端末として利用出来るようにする「Tap to Pay on iPhone」を発表しました。

本機能はiPhoneのNFCを活用したもので、小売店などの店舗でiPhoneを非接触決済端末として利用出来るようになり、iPhoneにApple Payや非接触型クレジットカード、その他のデジタルウォレットなどをかざして決済することが可能です。

これにより、追加のハードウェアや決済端末を必要とせずに非接触決済を導入することが可能になり、iPhone XS以降の端末で利用可能です。

まずは米国で今春より展開が開始される予定で、今春にはShopify POSが対応し、今年後半にはさらにその他の決済プラットフォームやアプリに順次対応していく予定とのことですが、日本での展開は不明です。

プレスリリース

1 COMMENT

匿名

Apple Payはともかく非接触クレカのスキミング対策はどうするんだろう
ノーガードだと財布の上にスマホを重ねるだけで勝手に決済されそう

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。