M2チップを搭載した新型「MacBook Pro 13インチ」が年内に登場予定 − 「iMac 24インチ」や「MacBook Air」などもM2搭載へ

Bloombergの著名記者であるMark Gurman氏が自身のニュースレター「Power On」の最新版を公開し、M2チップを搭載したエントリーレベルの新型「MacBook Pro」に関する最新情報を報告しています。

AppleはM1チップを搭載した「MacBook Pro 13インチ」の後継モデルの発表を計画しており、M1 ProおよびM1Maxチップを搭載した2021年モデルと差別化する為にディスプレイやプロセッサ、ストレージなどの仕様が妥協され、ディスプレイは13インチのままで、ProMotionやミニLEDは採用されないものと予想しています。

なお、M2チップを搭載したMacは、前述した「MacBook Pro 13インチ」の他、「MacBook Air」、「iMac 24インチ」、エントリーレベルの「Mac mini」が投入される予定で、これらの新モデルはM1 Pro/M1 Maxチップを搭載した新型Macが投入された後の2022年内に発売されるものとみられています。

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。