「iOS 15.4」で利用可能になるマスク着用時のFace IDはApple Payやサードパーティ製アプリのログインでも利用可能 − 眼鏡着用時の顔の登録も可能に

本日開発者向けにリリースされた「iOS 15.4 beta 1」では、Apple Watchを必要とせず、マスク着用時でもFace IDでロック解除になる機能が利用可能になりましたが、9To5Macによると、同機能は「Apple Pay」アプリでも利用可能なことが分かりました。

「iOS 15.4 beta 1」で追加されたマスク着用時でもFace IDが利用可能な機能はシステム全体で動作し、「Apple Pay」での認証やサードパーティ製アプリのログインなどでも利用可能とのこと。

現行のApple Watchでロックを解除するオプションではこれらは利用出来なかったものの、「Safari」のオートフィルでも利用可能になっているそうです。

また他にも、同機能の追加と共に、眼鏡着用時の顔の登録が別途可能となっており、眼鏡着用時の顔は複数登録可能となっています。

なお、このマスク装着時のFace IDについて、Face IDはユーザーの目の周りの特徴を認識して認証を行うようになり、マスク着用時でもFace IDが正確に機能するようになるとのことで、マスク着用時にFace IDを利用する場合はiPhoneを注視する必要があります。

ただ、同機能が利用できるのは「iPhone 13」シリーズと「iPhoen 12」シリーズのみとなります。

[via 9To5Mac

「iOS 15.4」ではApple Watch不要でマスク着用時でもFace IDが利用可能に

2 COMMENTS

匿名

遅過ぎて草
しかも「iPhone 13」シリーズと「iPhoen 12」シリーズのみって

ジョブズが生きてればなぁ(100万回目)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。