米Microsoft、学校向けに「Surface Laptop SE」を販売開始

本日、米Microsoftが、同社の正規販売代理店を通じて、学校向けに「Surface Laptop SE」の販売を開始したことを発表しました。

「Surface Laptop SE」は、これまでで最も手頃な価格のPCで、幼稚園~中学生を対象にライセンス料を抑えた「Windows 11」の教育専用エディション「Windows 11 SE」を搭載したノートPCになります。

「Surface Laptop SE」の日本での価格は30,580円(税込)からとなっており、今後、Acer、ASUS、Dell、Dynabook、富士通、HP、LenovoなどのPCメーカーなどからも同OSを搭載したデバイスが登場する予定です。

なお、日本でも今年前半より販売予定ですが、詳細な時期は不明です。

Windows Blog – Microsoft

「Surface Laptop SE」の主な仕様

・CPU :Celeron N4120/4020
・GPU: Intel UHD 600
・RAM:4GB/8GB
・ストレージ:64GB/128GB(eMMC)
・ディスプレイ:11.6インチ(1,366×768)
・カメラ:100万画素(720p/Windows Hello未対応)
・ポート:USB-A×1、USB-C×1、オーディオ端子×1
・Wi-Fi: IEEE 802.11ac
・Bluetooth:Bluetooth 5.0 LE
・バッテリー駆動時間:最大16時間
・サイズ:279.4×193.04×17.78㎜
・重量:1,112.4g
・OS:Windows 11 SE

1 COMMENT

匿名

中学までの教育なら大丈夫なのだろうけど、N4120でそれ以降の用途だとかなり厳しいと思う。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。