「iPhone 13」シリーズはアクセシビリティの「電話ノイズキャンセリング」機能に非対応

Appleの「iPhone 13」シリーズではアクセシビリティ機能の1つである通話時のノイズキャンセリング機能が利用出来ないのですが、9To5Macによると、同機能はAppleが意図的に削除していたことが分かりました。

「iPhone」の旧モデルでは耳に受話器を当てて通話している時に周囲のノイズを軽減してくれる「電話ノイズキャンセリング」機能がアクセシビリティ機能の1つとして提供されていますが、「iPhone 13」では同機能をオン/オフする設定が用意されておらず、バグとみられてきましたが、Appleのサポートにより同社が削除していたことが明らかになりました。

同機能はApple側が意図的に「iPhone 13」シリーズでは無効化しているようで、「iPhone 13」で同機能を利用可能にする予定もないようですが、なぜ「iPhone 13」だけで利用出来ないのか理由は不明です。

「iPhone 13」からは受話スピーカーがエッジ部分に移動し、ノッチの形状が変更されましたが、その事が何か関係があるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。