次期「iPad Pro」、ガラス製のより大きなAppleロゴを採用してMagSafeに対応か

Appleは次期「iPad Pro」でワイヤレス充電を実現する為に背面にガラス製の素材を採用すると噂されていますが、9To5Macが、Appleの計画に詳しい関係者の話として、同社は「iPad」の背面にガラス製素材を採用することを断念した可能性があると報じています。

同社は背面にガラスを採用した新デザインをテストしていたものの、ガラスを採用すると破損しやすく、製品をより壊れやすくしてしまう為、断念した可能性があるとのこと。

しかし、アルミを採用するとMagSafe充電器との互換性を持たせることが難しくなる為、同社はAppleロゴを大きくしてロゴの部分にガラスを採用した「iPad Pro」の試作機を開発したようで、ワイヤレス充電の電力はガラスのロゴを通して伝達されるようになる模様。

また、この試作機では事故を防ぐ為、磁力が強くなっており、充電速度もiPhoneのMagSafeよりも高速化されているそうです。

なお、次期「iPad Pro」に関する他の情報としては、新型「MacBook Air」に搭載されるであろうM2チップが次期「iPad Pro」でも採用されるものと予想されています。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。