「iPhone 14 Pro」のパンチホール型ディスプレイの穴は2つに??

「iPhone 14 Pro」シリーズはパンチホール型ディスプレイを採用すると噂されていますが、先日に「iPhone 14」シリーズの前面デザインに関する情報を投稿していたリーカーのShrimpApplePro氏が、3Dプリンタで作った「iPhone 14 Pro」とみられるモックアップの写真を公開しています。

同氏は昨年9月に「iPhone 14 Pro」用のディスプレイ部品とみられる写真(下記ツイートの画像)を投稿しており、噂されているピル型(カプセル型)の穴に加え、円形の穴が用意される可能性があります。

同氏の最新の情報では、フロントカメラなどがパンチホール式となり、Face IDの一部がディスプレイ内蔵型になるとのことですが、現在のノッチ部分にはフロントカメラ、環境光センサー、近接センサー、投光イルミネーター、ドットプロジェクター、赤外線カメラが搭載されており、「iPhone 14 Pro」ではフロントカメラ、赤外線カメラ、ドットプロジェクターがパンチホール式となり、他のセンサー類がディスプレイ内蔵型になるのかもしれません。

「iPhone 14 Pro」の前面デザインはこんな感じに?? − モックアップ画像が登場 「iPhone 14」シリーズの前面デザインの最新情報 − 「iPhone 14 Pro」はパンチホール型でFace IDの一部が画面内蔵に?? 「iPhone 14」は引き続きノッチ有りでベゼル幅も変わらないとの情報