Googleの折りたたみ式スマホ「Pixel Fold」とみられるベンチマークデータが登場

Googleは折りたたみ式スマホ「Pixel Fold (仮称)」を開発していると噂されていますが、その「Pixel Fold」とみられるデバイスのベンチマークデータが明らかになりました。

ベンチマークデータはGeekBench 4のもので、1月7日に投稿され、モデル名は「Google Pipit」となっており、これが本物かどうかは不明ですが、「Pipit」は過去に「Pixel Fold」のコードネームと報告された名前です。

また、チップセットは8コアでベースの動作周波数が1.8GHz、最大動作周波数が2.8GHzとなっており、GPUにMali G78が搭載されていることから、GoogleのTensorチップとみられています。

ちなみに、Tensorチップは、2.8GHz動作の2基のプライムコア「Cortex-X1」、2.25GHz動作の2基のビッグコア「Cortex A76」、1.8GHz動作の4基のスモールコア「Cortex A55」、GPU「Mali-G78」から構成されています。

なお、RAMは12GBで、OSはAndroid 12と記載されていますが、最終的にはAndroid 12Lを搭載するものとみられれいます。

[via MySmartPrice

Google、折りたたみ式スマホ「Pixel Fold」を来年に発売へ − 発売時期を裏付ける証拠が見つかる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。