「iPhone 15 Pro」は最大10倍の光学ズームを可能にするペリスコープレンズを搭載か

MacRumorsによると、アナリストのJeff Pu氏が、Appleが2023年に発売する「iPhone 15」シリーズのうち少なくとも1つのモデルはペリスコープカメラシステムを搭載すると予測していることが分かりました。

ペリスコープ(潜望鏡)構造の望遠レンズは、屈曲光学系とも呼ばれている技術で、望遠カメラは焦点距離が伸びる分、レンズも長くなり、奥行きが必要になるが、プリズムを使って光を90度曲げることで薄く収められるようにしたもので、ズームした際にレンズが飛び出ない構造となります。
(via ITmedia

これにより望遠カメラでより遠くまでズームすることが出来るようになり、既に同様の技術を採用したペリスコープレンズを搭載したAndroidスマホはSamsungやHUAWEIから発売されており、いずれも最大10倍の光学ズームが可能となっています。

なお、同様の情報はMing-Chi Kuo氏も過去に予測していますが、Jeff Pu氏の情報の的中率は6割ほどとなっており、「iPhone 15」の発売までまだ2年近くあることから話半分で捉えておいた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。