2023年発売の「iPhone 15」ではディスプレイ内蔵型のFace IDを採用か

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleは2023年に発売する「iPhone」からディスプレイ内蔵型のFace IDを搭載するようだ予測していることが分かりました。

Face IDのシステムは現在はディスプレイ上部のノッチに搭載されていますが、ディスプレイ内蔵型になることでノッチを廃止することが可能になります。

また、同モデルから望遠性能を高めることが出来るペリスコープ望遠レンズが採用されるとも報告しています。

これまでディスプレイ内蔵型のTouch IDが将来的に搭載されるとの情報はあったものの、ディスプレイ内蔵型のFace IDに関する情報は今回が初めて。フロントカメラをディスプレイの下に埋め込んだスマホは他社から発売されていますが、顔認証を行うためのTrueDepthカメラシステムをディスプレイに埋め込むことはかなりの技術が要求されるものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。