「Windows 11」のサードパーティ製ウィジェット対応に関する続報

先日、「Windows 11」向けの次期大型アップデートである機能更新プログラム「22H2(コードネーム:Sun Valley 2)」は今夏以降にリリースされ、サードパーティ製ウィジェットのサポートが追加されるとの情報をお伝えしましたが、Windows Latestがその追加情報を報じています。

同サイトの信頼出来る情報筋によると、Microsoftはサードパーティ製ウィジェットをサポートする予定で、「22H2」ではサードパーティ製ウィジェットのサポートにより、ウィジェットボードを好みに応じてカスタマイズ出来るようになります。

「Windows 11」のサードパーティ製ウィジェットのサポートには、新バージョンの「Windows Web Experience Pack」が必要で、開発者はMicrosoft Storeを通じてウィジェットを公開出来るようになる予定であるものの、Microsoft Storeに掲載されていないアプリを許可するかどうかはまだ不明とのこと。

なお、現在のところ「Windows 11」のプレビュー版や安定版ではサードパーティ製ウィジェットに関するAPIは見つかっていない為、初期プレビューは今後数週間から数ヶ月先になるとみられています。

「Windows 11」の次期機能更新プログラム「22H2」など、2022年の「Windows」の予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。