Apple、「M2」チップを2022年前半、「M2 Pro」と「M2 Max」チップを2023年前半に投入か

台湾の工商時報が、Appleの「Apple シリコン」チップの今後のロードマップに関する情報を報じています。

業界筋からの情報として、iPhoneやApple Watchなどのアップグレードサイクルが年1回であるのに対し、Appleは「Apple シリコン」チップを18ヶ月ごとにアップデートする計画と報じています。

「M2」チップは2022年後半に投入され、コードネームは「Staten」で、2023年前半にはコードネーム「Rhodes」の新しい「M2X」プロセッサアーキテクチャが発表され、「M2 Pro」チップと「M2 Max」チップが投入される見込みとのこと。

また、「M2」チップは全て4nmプロセスを採用し、1年半のサイクルで3nmプロセスを採用した「M3」チップにアップデートされると予想されています。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。