LINE、iOS版が一部端末で正常に開けない不具合を修正

昨日、LINEのiOS向け公式アプリが一部端末で開けない不具合が発生していることをお伝えしましたが、本日、同社が最新のアップデートをリリースし、この不具合を修正したことを案内しています。

本日リリースされたバージョン 11.22.0ではアプリが開かない不具合が修正されているとのこと。

また、本アップデートでは下記の変更も加えられています。

  • トークルームでのテキストコピー方法を改善。
  • 通話設定にグループビデオ通話の解像度を高画質に変更できる設定を追加。
  • ウォレットに『資産』タブを追加し、近日中にデザインを変更予定。
  • 自分のアバターが表示される画面で、背景やアニメーションを変更できる機能を追加。
  • 自身のアバターでスタンプを作成できる機能を近日中に追加予定。

なお、アップデートはApp Storeより可能です。

「LINE」のiOS版、一部端末で正常に開けない不具合が発生中

1 COMMENT

匿名

自分だけかもしれないけどトークの新コメ表示が遅れる不具合が、このバージョンで直ってたわ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。