「macOS Monterey」と「iPadOS 15」の新機能「ユニバーサルコントロール」の提供は来春までずれ込むことが明らかに

「macOS Monterey」と「iPadOS 15」の新機能の1つである「ユニバーサルコントロール」は開発が遅れており、両OSの正式リリースには間に合わなかったのですが、同機能の提供は来年の春にまでずれ込むことが分かりました。

「ユニバーサルコントロール」機能は1つのキーボード、マウス、トラックパッドを使って、MacとiPadの間でシームレスに作業できるようになる機能で、カーソルをMacから直接iPadに動かしたり、Macで入力した文字をiPadに表示させることもでき、「iPadOS 15」と「macOS Monterey」の新機能となっています。

Appleは「macOS Monterey」と「iPadOS 15」の公式サイトにおいて、同機能の提供時期を「今春」と案内しており、来年春まで持ち越しとなったようです。

なお、記事投稿時点では、日本のサイトではまだ「今年の秋」と案内されたままとなっています。

macOS Monterey
iPadOS 15

[via MacRumors

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。