「iPhone 14」シリーズの”Pro”モデルはパンチホール型ディスプレイを採用か

韓国のThe Elecが、情報筋の話として、Appleが2022年に発売する次期「iPhone」シリーズのうちの”Pro”モデルでは、初めてパンチホール型ディスプレイが採用されることが分かったと報じています。

「iPhone 14」シリーズの”Pro”モデルが、6.06インチの「iPhone 14 Pro」と6.7インチの「iPhone 14 Pro Max」の2モデルが用意され、両モデルともにパンチホール型ディスプレイが採用されるとのこと。

なお、ベースモデルである「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」は”Pro”モデルと同じ6.06インチと6.7インチのディスプレイが採用されるものの、こちらはパンチホールではなく、引き続きノッチが採用されるようです。

現行の「iPhone 13 Pro」シリーズのディスプレイには、Samsung製の低温多結晶シリコン (LTPS) TFT OLED パネルが採用されていますが、「iPhone 14 Pro」シリーズでも同様のパネルが引き続き採用され、新たにLG Displayがサプライヤーとして加わる可能性がある模様。

2 COMMENTS

匿名

Androidではパンチホールが当たり前になりつつある印象
登場時は叩かれてた記憶しかないけど、普段使いだと黒いステータスバーに隠れて目立たないんだよね

返信する
匿名

Proだけに採用するなら明確にノッチより“格上”としてのパンチホールなわけで、どう処理してくるのか期待

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。