Apple、2022年と2023年の2年連続で「iPhone SE」の新モデルを投入か

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing Chi-Kuo氏が、Appleは今後2年間で2つの新型「iPhone SE」を発売することを計画していると予測していることが分かりました。

Appleは2022年と2023年にそれぞれ新型「iPhone SE」を発売することを計画しており、2022年モデルは2022年の上半期(1〜6月)に発売され、ディスプレイサイズは引き続き4.7インチで、3GBのRAMを搭載するとのこと。

2023年モデルはより大きなディスプレイと4GBのRAMを搭載するなど、より大幅な変更が加えられるそうです。

なお、これまでの情報では、次期「iPhone SE」は5Gに対応し、来年3月に発表されると噂されています。

次期「iPhone SE」は来年3月に発表か − 5G対応が特徴に

1 COMMENT

匿名

田舎だけど気がつくと5Gに切替わってる場所が増えてきた。
来年以降なら5G搭載必須でも良いかもね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。